南紀新春初釣り想定外高波と正月疲れ食欲不振魚に対処不能。

南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」の灯台と釣り座1番ポイントの釣師。
★★★
うねりの波高く宇久井「大平石」島へ渡礁出来ただけの寒グレ磯釣り。

2017年1月6日小潮、満潮AM11:34、曇り。奈良県吉野山越えから熊野市・新宮市経由、南紀那智勝浦町宇久井へ寒グレ狙い新春の初釣行。何時ものパターンで前日から車中泊、起床AM4:00頃。渡船屋近くのコンビニの灯りで釣り準備後、船長に挨拶しAM6:00頃港へ移動。釣師11名出船AM6:45頃。湾内から外洋に出ると多少の波。最も地方寄りの「地エビ」島から釣師3名渡礁し沖磯へ。天気予報をじっくり確認し「直列5島、何処でも上がれるやろ…?」の思いで乗り込んで来たのだが、沖に向うにしたがい想定外のうねりの高波。途中の島を素通りし、私目含め5人が5島内最大の「大平石」島へ渡礁。結局、沖磯直列5島に渡礁できたのは「地エビ」と「大平石」2島のみ。残り釣師3名は地方の「根子島(ねぎじま)」へ渡礁。

南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」の灯台に羽を休める酉年に似合いそうな「鷲?」
▲「鷲…?」矢張り酉年…ワンカット?
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り2017年1月6日のYahoo!天気図予想と天気予報
★★★
前年12月中旬の磯釣りと正反対「魚、正月食べ過ぎ…???」無反応。

「大平石(おべらし)」島の高場一番ポイント当る「小平石(こべらし)」島との水道に釣師3人。石段ヶ所船着き場の釣座に私目含め2人フカセ釣り。正面に宇久井港、右側新宮、左側那智勝浦。海を見ながら仕掛け準備。「どうも、潮流れ嫌な新宮側…??」。3ヒロ半からスタート、撒きエサしながら仕掛け投入AM8:00前。数投仕掛け投入し潮流れ確認。しかし、仕掛け投入ポイントにより、右に流れたり左へ流れたり。「サラシ流れの押し引きだけで動いているような…?」遠投してもサッパリ潮読めず…??。「潮、止まっている…???」。別場所へ移動し高場から沖の泡立ち目掛け大遠投。矢張り右流れのようだが、強いサラシ流れに道糸引かれ…??疑問???。数投で元の釣り座に戻り、潮流れ疑問?疑問??撒きエサしても一向に魚見えず、刺しエサも残る我慢の釣り。
その内、手前に寄るウキが根掛かりし仕掛け切り。大切なウキ回収できず手前左側チト沖へプカプカ。再度仕掛け作り直し沖を見ると、ロスしたウキがサラシで沖へ流れ、風に逆らいながら右沖「子平石」寄り彼方へ。矢張り右向きの嫌な潮。このポイントで左側那智勝浦向きの潮で良きイメージ有るも、この潮流れ過去に経験上ハズレ。仕掛けを右側に投入しながら、少し喋るように成った隣りの釣師と「エサ取られませんね…?」のよく有る会話。ハリ・ハリス・ウキを変えたりタナを変えたり…付けエサも工夫…など試行錯誤いろいろ挑戦するも、時間と共に対処不能のお手上げ状態。お隣さんも同じような繰返し、最後の最後まで「エサ取られませんね…??」の会話。「釣師多い正月三ヶ日、魚も食べ過ぎか…???」。3回程フグ他に付けエサ齧られただけでほぼ無反応。本日、高波と丸坊主で新春初釣り完敗。


南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」から北側新宮方面に見える1級ポイント磯釣り場「子平石」島風景。
▲新宮方面の「子平石」島
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」1番ポイントの「子平石」との水道で釣りをする釣師風景。
▲「大平石」島1番ポイントの高場から竿出しの釣師
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」から見た沖向き東側島風景。
▲「大平石」島1番ポイントから続く東沖向き風景
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」から宇久井港方面遠望。
▲「大平石」本日の釣り座の宇久井港向き風景
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」の本日釣り座。
▲「大平石」本日の釣り座、帰船上からのワンカット
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り帰船時、うねり波の中に見える左側「子平石」と右側「大平石」島風景。
▲うねりの高波の中に浮かぶ左側「子平石」と右側「大平石」島風景。
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り帰船時、港入口から遠望の直列五島。
▲宇久井港入口から見た直列五島風景。