HOME» +♂One» fishing»

カテゴリー別アーカイブ: fishing-iso:磯

三重県紀東方面や古巣京都北部丹後半島方面の磯のフカセ釣りメインの、
釣り場ポイントや目的地紹介の海釣り釣行体験記。

南紀新春初釣り想定外高波と正月疲れ食欲不振魚に対処不能。

南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「大平石」の灯台と釣り座1番ポイントの釣師。
★★★
うねりの波高く宇久井「大平石」島へ渡礁出来ただけの寒グレ磯釣り。

2017年1月6日小潮、満潮AM11:34、曇り。奈良県吉野山越えから熊野市・新宮市経由、南紀那智勝浦町宇久井へ寒グレ狙い新春の初釣行。何時ものパターンで前日から車中泊、起床AM4:00頃。渡船屋近くのコンビニの灯りで釣り準備後、船長に挨拶しAM6:00頃港へ移動。釣師11名出船AM6:45頃。湾内から外洋に出ると多少の波。最も地方寄りの「地エビ」島から釣師3名渡礁し沖磯へ。天気予報をじっくり確認し「直列5島、何処でも上がれるやろ…?」の思いで乗り込んで来たのだが、沖に向うにしたがい想定外のうねりの高波。途中の島を素通りし、私目含め5人が5島内最大の「大平石」島へ渡礁。結局、沖磯直列5島に渡礁できたのは「地エビ」と「大平石」2島のみ。残り釣師3名は地方の「根子島(ねぎじま)」へ渡礁。 続きを読む

強風とエサ取り避け出合頭の塩焼き一匹、熊野「大和島」納竿磯釣り。

紀東の納竿磯釣り三重県熊野「大和島」の船着き釣り座から見た正面尾鷲側風景。朝日を浴びる「カモメ島」と釣師。
★★★
背後は北風防ぐ岩壁、正面釣りポイント「エサとり…???」わんさ、か。

2016年12月16日中潮。満潮AM7:41、干潮PM13:12(尾鷲)、晴。冬型の季節風が昼前後に風速6・7m予報の中、三重県紀東熊野へ年末納竿磯釣り。前日に奈良県吉野〜熊野越えの山間ルートを通り車中泊。起床後に弁当と風裏に成りそうな地方磯「ハカタ」 or 「シラマ」釣り座を要望し乗船。日の出前の薄明りAM6:30頃、最高齢80歳越え交え釣師10名程がノリノリで出船。先客「ハカタ島」へ1番手磯付け後、2番手に名前呼ばれ想定外の釣り座「大和島」へ渡礁。背後に迫る島の岩壁が、冬の北西風を多少成りとも押える地方側。正面に「カゴメ島」を見ながら、島と島の水道の船着きポイントで一人独占の竿出し。 続きを読む

上物魚&根魚両狙い宇久井人気磯「小平石」一島独占秋の磯釣り。

南紀那智勝浦宇久井から出船、昇る朝日と直列五島最沖側の釣り座「小平石」島全景写真。
★★★
直列5島最沖側の広い磯場「小平石(こべらし)」、7時間半一人貸切り。

2016年11月4日中潮、満潮AM8:24、晴。台風の多かった9月後半に半夜熊野磯釣り。外海荒れ模様の中、2時間程竿出し後に仕方なく湾内磯移動。少しストレスが残ったものの、釣果45cm強ウスバハギ3匹に他魚の釣行。そして、天候の読みにくい秋口から一ヶ月以上待機。
久々の釣行は、和歌山県南紀新宮市の隣り那智勝浦町宇久井磯。そろそろ北風が波を押えてくれそうな前日祝日出発。奈良吉野山越えから太平洋熊野市へ、R24Gウミガメで有名な七里ヶ浜の波を横目に40分。奈良から新宮到着まで約4時間のドライブ。途中、新宮港竿出し&温泉の道草、磯渡しの宇久井フィッシングセンター到着PM9:00頃。騒がしい北風を聞きながら眠り薬のアルコールの車中泊。夜中にエビ漁?の漁師のざわつき影響し、メチャ早いAM3:00起床。のんびりAM6:00過ぎ出船まで腹ごしらえと釣り準備。
予定通りAM6:00過ぎ港を後に見慣れた太平洋へ。昨日の北風が波を押え最高の釣り日和頭上快晴。「地エビ」から磯付け3名渡礁。5島の中で最沖最大の島「大平石(おべらし)」へ前日から磯上がり予定も、残り5名全員渡礁とのこと。急遽予定変更で隣り「小平石」へ一人貸切り渡礁。(写真上)
続きを読む

潮目変えた翡翠の目を持つ毒魚、紀東熊野グレ磯釣り「長門島」。

紀東三重県熊野市大泊磯釣り場「長門島」から遠望、雲一つない地平線に昇る朝日のズームアップ写真
紀東三重県熊野市大泊磯釣り場「長門島」から遠望、熊野磯釣り人気の「スズコ島」と雲一つない地平線に昇る朝日の写真
2016年1月28日中潮、満潮AM8:21、干潮PM14:15。数日前の大寒波の影響を気にしながら、何時もの吉野川上村経由の山越えルートR169Gにて紀東三重県熊野市大泊へ磯釣り。奈良自宅出発を早目、夜PM10:00頃渡船店「まるせい丸」へ到着、距離約140km。釣り師少ないはずの期待を込めた平日木曜中日、この時間に釣り車18台程並びビックリしながら車中泊。
続きを読む

2016年新春寒グレ磯釣り南紀那智勝浦町宇久井「小平石」島。

南紀那智勝浦の宇久井港から外海太平洋へ出船。朝日昇る方向に直列5島がならぶ雄大な海の風景。
南紀那智勝浦の宇久井磯釣り場「小平石」島の全景。撮影ポイント「大平石」島の高場釣りポイントから新宮方向。
2016年1月8日新春初釣り。大潮、干潮AM10:38。上記掲載写真2枚、旧年12月の撮り置き分。
1枚目写真:和歌山県南紀那智勝浦町宇久井港から外海太平洋へ。手前「地エビ」から最沖の「大平石」島へ連なる直列5島の磯釣り渡礁の島々。
2枚目写真:今回の釣り座「小平石」島。撮影位置は対面「大平石」島の高場釣り座から新宮・熊野方向。

続きを読む

釣り日和110%の思い込み熊野二木島出船も甫母磯で悪戦苦闘。

熊野二木島渡船。甫母側磯「中ノ島」の釣りポイントの磯写真。
夕まずめの大物狙い熊野磯の半夜釣り。
2015年5月28日天気晴、若潮、満潮14時半頃、波1.5m予報。1週間程前、昔からの釣り仲間の誘いにより、平日熊野二木島へ磯釣り。天気予報は、多少暑さ気掛かりな釣り日和。紀東方面の釣行は、寒グレ期から3ヶ月振り。5月から始まりった磯の半夜釣り、夕まずめの大物とそろそろ旬のイサキ狙い。AM6:00に奈良県天理市でY釣り師と待合せ後、吉野で今回磯釣り初体験のY釣り師と合流。3人でR169G熊野釣り街道を遠出ドライブ。道中、昔の釣り話しや本日の期待膨らむ釣り師の独り善がりの話しで、大盛り上がり。ただし、ここで一つ問題…?私目はフカセ釣りオンリー。ところが、2人は何故か面倒くさそうなカゴ釣り。使う仕掛けは、自慢の特許申請のフカセ釣りから発想のカゴ釣り仕掛けとやら…。興味のある方は、こちら!!取合えず天気良く波も無さそうなので、私目は別行動。釣り場ポイントの作戦を練りながら快適にドライブ。
吉野から1時間半程、海とは関係無さそうな山の中の地域、民家とエサ屋数件が建ち並ぶ釣り街道R169Gメイン通り…?の予約のエサ屋到着AM8:30。しかし、ここで嫌な話し。たまたま前日に二木島磯釣りの店主「昨日は、波あったでェ〜!今日も波あるかも…?」。天気予報を充分すぎるほど確認、平日出て来たのに「エ〜!嘘〜!」。
続きを読む

京都北部日本海丹後半島「間人:立岩」周辺、春の海釣り。

北近畿丹後半島「間人」後ヶ浜地磯でフカセ釣り。
2015年5月8〜10日連休後半、半年振りに古巣帰り。5月連休に日本海の釣りで良き思いないのだが、期待半分で磯釣り用とエギング用の仕掛けを積み込み夜明け前AM4時出発。途中、朝食やらエサ購入でドライブ4時間。奇岩「立岩」で有名な後ヶ浜のキス釣りを横目に見ながら、出発前から決めていた目的地の磯場到着AM8時頃。路駐場所から見える範囲釣り師無しの嬉しい状態。夕刻まで釣りの準備、後ヶ浜西端のお気に入り釣り座目指し移動。
京都府北近畿丹後半島の間人、後ヶ浜の西側地磯の磯釣り場から犬ヶ岬遠望

続きを読む

旬魚寒グレ狙い三重県紀東、竿重さのみ手に残る磯フカセ釣り。

紀伊長島:沖磯大島「沖バエ〜ダンペイ」で磯釣り。
2015年2月16日中潮干潮AM9時51分晴、三重県紀東紀伊長島へ今が旬の寒グレ釣り。奈良と三重県の県境高見峠にトンネルのないグネグネ道の時代から20数年、この通い慣れた松坂牛で有名な松坂市に抜けるルートR166Gで今回も移動。三重県磯釣り当初から比べると道路も可成り整備されているものの、途中湯谷峠越え宮川へ抜ける林道では、平日に成れば未だ道路工事多く目的地まで今回約4時間。道中、磯渡し大島方面なら久し振りに「稲船」の思いで何時もの行動パターン、仮眠の場所道の駅「マンボウ」へ。早朝4時半頃紀伊長島「一栄丸渡船」。予定時間AM6時頃に前回1月と同じ大島方面へ出船。今回大島東側から「ハバ島」「稲船」へと磯渡し。「稲船」に渡礁準備も船長に「人多いから止めとき!」で予定変更。諦め、一人渡礁のつもりで数年振りの「沖バエ」。渡礁準備していたのが一人のつもりが、磯の上では見ず知らずの釣り師と並んで釣りをすることに…。
三重県紀東紀伊長島の大島「沖バエ」磯、日の出前撒きエサを準備した船着き横の釣り座。
続きを読む

熊野グレ釣り連続坊主脱出、紀東紀伊長島にて遅い新春初磯釣り。

2015年寒グレ狙い三重県紀伊長島「大島1番」磯フカセ釣り。
2015年1月26日小潮満潮AM9時49分曇り。午後から雨模様も午前中は曇りの予報。新年開けの磯釣り予定が伸び伸びの1月後半、今回連続坊主脱出すべく1ヶ月振りの釣行。去年後半の熊野方面「宇久井」磯の波による途中撤収、刺しエサが残る感度の悪い「熊野」磯と立続けの涙の釣り。2回の坊主脱出狙いは、AM6時〜PM1時まで釣り時間の紀伊長島。今回1年振りの渡船屋、釣り座もまた同じ「大島1番」。紀伊長島大島一番の釣り座左から出るサラシと遠くに見える尾鷲側大台ケ原の山並み風景
続きを読む