夕まず目遊び回る群れ狙い鮎友釣り、8月後半渇水の清流天川。

吉野の天川九尾ダム上流域「川合」鮎友釣りポイントの「中越」との間、今シーズンも鮎の溜まり場のトロ瀬_4
★★★
PM3:00以降のゴールデンタイムに期待の再挑戦天川「川合」。

一週間前8月20日の釣り師多い土曜日、遅めの出発で昼前天川到着。夕まず目狙いPM5:30まで「川合」トロ場で竿出し釣果3匹。一年前の同時期&同場所の良き思い再現を期待し竿出し。今シーズンのこの日もトロ場の至る所に、夕まず目になると夥しい鮎。渇水のため静かにコソッと竿出しPM2:00頃。しかし、サッパリ掛らず時速1匹。そんな中で30分遅れのPM2:30頃、トイメンに常連らしき年配釣り師参戦。この釣り師、ほぼ水に浸からず薮の川岸から隠れながらの鮎投入竿出し。上飛ばしの泳が瀬釣りで立続けに3匹程入れ掛かり、後も数匹ゲット。あんな釣りを見せられると、縄張り鮎以上の単純な闘争心に…!!。よって、今回も鮎友釣りポイント「川合」。

吉野の天川九尾ダム上流域「川合」天川漁協の上、瀬が連なる流れの鮎友釣りポイント_1

吉野の天川九尾ダム上流域「川合」天川漁協の上、瀬から落込みの淵への流れの鮎友釣りポイント_2
★★★
渇水と川遊びで荒れた清流、午前中速瀬&深淵狙い。

2016年8月26日曇。入川道から河原へ降りた所の淵で早々釣り師1名。二言三言の会話後、その下流「天川漁協」直下辺りの淵と瀬からなるポイントへ移動。今シーズン同ポイント3回目程…?ダム放流の水が未だ届いていないためか、見た事の無い程の渇水状態。川遊びの若者が騒ぐ前の午前中のみ、この瀬と深淵狙い。AM8:00過ぎと聞いていたダム放流水が増えるまでノンビリ仕掛け準備。竿出しAM9:00頃。目の前の瀬で1時間程サッパリ無反応。その間に目と鼻の先、釣れなければ竿出しと考えていた上流に1名釣り師参戦。水が多少なりとも増えて来たAM10:30頃、流れの有る瀬を諦め、その瀬の落込み深淵に手前から岩盤伝いに鮎投入。投入と同時、瞬速で反応22cm強程。この時間帯から鮎の活性が上がったのか、深淵の川底にギラ付く鮎を見ながら2時間の面白い時間帯。PM12:30頃の「腹減ったぁ〜!!」の昼過ぎまで9匹。元気鮎の確保もでき、PM2:00過ぎから前週のリベンジポイントを狙うため昼食タイム。

吉野の天川九尾ダム上流域「川合」の上流、鮎の溜まり場「中越」側のトロ場ポイント_3
吉野の天川九尾ダム上流域「川合」の上流、鮎の溜まり場のトロ場竿出しポイント_5

★★★
夥しい鮎の夕まず目、トロ場再挑戦も撃沈。

食事中狙いのポイントを遠目チェック(写真1枚目)。目指すトロ場岩盤の下手に釣り師2名のためノンビリ昼食&釣り見学。前週と同時刻PM2:00頃から、前週横目で盗み見した年配釣り師をイメージしてコッソリ静かに竿出し。30分後に下流の離れた所で竿出しの釣り師、わざわざ隣に「バシャ!!」「バシャ!!!」と来て、本人竿出し後の目の前ポイントの講釈。「静かに釣らして…???」と思いつつ、大人対応の邪魔臭い会話。そんな中、離れた岩盤上流の上飛ばしオトリ鮎に反応20cm強程ゲット。この一匹で会話も終り、釣りも終り。この釣れたての新鮮オトリ鮎、泳が瀬上飛ばしすると延々と上流へ…??どない糸を操作しても私目の勉強不足&腕不足で走り登るのみ…???それに、先程の釣り師が歩き回った後…、が頭をよぎり…???
PM4:00頃には、水面下ギリギリに沈む石の上でバシャバシャ、底石の玉砂利底でギラギラ、鮎・鮎…鮎のゴールデンタイム!!!但し、その群れ鮎に我が朝獲れのオトリ鮎も、仲良く付いて遊ぶだけの大人鮎対応。サッパリ鮎同士喧嘩の対象外のようでリベンジ失敗。期待の昼から15cm程追加で2匹の貧果、1週後9月早々に再々挑戦か…???の思いで本日終了PM5:00。釣果15〜22強cm、11匹+オトリ鮎2匹。


吉野の天川九尾ダム上流域「川合」鮎友釣り釣果